腎不全治療中のアーティストの曲が素晴らしい

NO IMAGE

音楽は人を感動させてくれるものですが、単純に楽曲の良し悪しだけでなくアーティストの背景に心を動かされることもあります。
もちろん、それは楽曲の良さがあってこその話なのですが、最近腎不全で治療をしながらも心に響く歌声を持つ人を見つけたので感動してしまいました。
今の時代だと誰でも情報を世界に発信することができ、それを受信することができるので家にいながらでも思わぬ出会いがあるというのも嬉しいものですよね。

YouTubeで発見!

ミュージシャンを目指す自分としては、同じような境遇にある人は好敵手であると同時に仲間意識が芽生えるものです。
それだけに似たような活動をしている人がいると、気になってしまうものですが、そのアーティストを見つけたのはYouTubeを眺めている時でした。
このような動画サイトには夢に向かって走っている人達の動画が多数挙げられていて、中にはプロ以上と感じられる人もいます。
そのような動画を見て勉強をしたり、自分も頑張らなければという気にさせられています。
いつもと同じ感じで見ていると気になる動画を見つけ、他のアーティストと何が違うのかというと腎不全の治療中だったということです。
腎不全がどのような病気なのかは自分ははっきり分かりませんでしたが、軽い病気ではないことだけはすぐに分かりました。
病気によるハンデもあるようで、それを感じさせる場面も見受けられましたが、それ以上に自分の琴線に触れる何かを感じ取ることができたのです。

心に響く歌声でした

腎不全の治療中のアーティストの歌声は、その背景を知っているからかは分かりませんが、非常に心に響くものであり、魂を込めて歌っていることが感じられました。
動画を見る限りでは本人はそこまで深刻そうにしているわけではないので、大病というのは自分の思い過ごしかも知れませんが、長い間治療をしているようなので決して軽いものでは無いということもわかります。
また、病気である事実を抜きにしても心に響く素晴らしいものであることは変わりなく、このパワーは一体どこからきているのだろうかと思ってしまいました。
病気であることによって上手くいかないもどかしさを歌声に込めているからこそ素晴らしいものになるのか、あるいはこれで病気をしていなければもっと良いものになったのかと思うと、色々考えさせられるものです。
本人はとにかく前向きでプロを目指しているようでしたから、自分もこの人に負けじと心に響く曲を世に送り出したいと思いました。