いつのまにか外壁リフォームしてた千葉県の行きつけの店

長い間自分の人生とともに歩んでくれたものが、ある日突然変わってしまった。
そんな経験をしたことはないでしょうか。
気が付かないうちに自分の人生の一部になっていたものは、そこにあって当然だと感じる様になります。
こうしたものは失って初めてその大きさに気がつきます。
まるで自分の人生の何かが、不思議と変わってしまったような衝撃を受けてしまいました。
今回たまたまちょっとした経験をしたのでその話をしたいと思います。

お世話になってたレコード店の外壁がリフォームされていた

皆さんはレコードを聞いているでしょうか。
レコードといえば映画やドラマ等では見たことがあるかと思いますが、今の世の中ではなかなか目にする機会がないかもしれません。
昨今は音楽はデジタル配信が当たり前の様になってきていますので、アナログ式の方法で音楽を聴く人は減ってきているでしょう。
ですが、レコードにもデジタル音楽が持っていない良さがあります。
アナログではデジタルでは再現できないような細かな音でもしっかりと拾っていますので、独特の深みや厚みのようなものを感じることが出来るのです。
私はこうしたレコード特有の良さを捨てることが出来ないため、今でもなじみの千葉県にあるレコード店に通いつめていました。
ところが先日、そのレコード店の外壁が突然変わっていたのです。
一瞬、店舗が消滅してしまったのかと思ったのですが、そうではありません。
完全に外壁リフォームしていて、全く違ったデザインの店舗に変わってしまっていました。

変わっていく寂しさ

何より驚いたことはそのデザインです。
以前のデザインは良くも悪くも古めかしいものでした。
時代にあっていないといえば、それはある意味では正しいのでしょう。
ですが、レコードを扱う店舗として、そうした古いですが、同時に暖かい雰囲気は、逆に独特の落ち着いた空間を作っていました。
そうした雰囲気が好きで、この店に来ることがとても楽しみだったのです。
ところが新しい店舗は現代的な印象を受ける、よく言えばお洒落な店舗です。
確かに古めかしい店舗は新規のお客さんが入りにくいため、誰でも気軽に入れそうな雰囲気を作るための清潔感を出していくことは大切でしょう。
しかし一緒に寂しさも感じてしまいます。
こうして様々なものがより合理的で、効率的になっていくことは確かに大切かもしれませんが、同時に古い時代の懐かしさも失われていくことになります。
昔を思える場所が次々となくなってしまうことは、時代の変化を感じてしまい、なんだか不思議と寂しい気分になってきました。


PRホームページ

自分の終活はデジタル遺品処理から!大量の楽譜はどうなる?

これまで莫大な曲を作ってきましたが、それらは全く整理されずそのまま放置している状態です。
できるだけたくさんの曲を作りたいのと、イメージが湧いた時にはすぐに書き留めたりしている分も合わせると一体どれほどになるのかわかりません。
その中には若干紙に書かれたものもありますが大半がデジタルですので、自分の終活に向けての最大の難関はこのデジタル遺品をどうやって処理したらいいのかということになるかと思われます。

データが残りっぱなしに…

イメージが湧くとすぐに曲にしていたので、途中で完成させるのを止めた曲もありますし、全く一部分だけという曲もあります。
また歌詞をつけずに放置してしまっている曲だけのもありますので、自分でも全部でどのくらいあるのかわかりません。
ですが、このままにしておくことは実は本来は良くないことで、今どきの終活で問題となるのは、家具や本など重さのある物ももちろんですが、こうしたデジタルで残っている物だそうです。
しっかり消しておかないと何らかのきっかけで人の目に触れて悪用されてしまう可能性も高いですので、自分としても今の内からこの莫大なデジタル遺品のデータをなんとか消していきたいという強い希望があります。
かといっても精魂込めた自分の作品などを簡単に消すのも惜しいですし、またどこに頼めばきちんと処理してくれるのかもわかりませんので、結局そのままになってしまっている状態ではあります。
他の人はどのように処理しているのでしょうか。

楽譜が出てきて死後評価されるパターンもあるかも!

デジタル遺品はまだ処理していませんが、例えば絵画などは描いた人が亡くなってからその作品が評価されることも多いですので、もしかしたら今はあまり評価されていない音楽であっても自分の死後何年か経ってから見つかった時にすごく高い評価を得ることがある可能性もあると考えると、完全に消してしまうようなことが避けたい気持ちにもなります。
日の目を見るかどうかは別にしてチャンスがあるならその可能性は残しておきたいです。
ですので、デジタル遺品はまだ処理せずにこのまま持っていようかとも考えています。
自分の死後誰かがきちんと見てくれるという可能性も低いですので、結局は捨てられてしまうかもしれないんですが、もやもやとした気持ちのままでは後で後悔してしまうそうですので、見つかっては困るようなものだけ処理して、作曲した作品などは今しばらくそのまま残しておくことにしました。
本当は生きているうちに認められたいのが本音ですが。


通販ダイヤモンドネックレスとCDセールスの類似点

近年では様々なものがインターネットの通販で購入できる時代となっています。
こんな物がインターネットで購入出来るのかと驚くものも販売されています。
ジュエリーを通販で購入する人も増えてきていると言えるでしょう。
私も実際にインターネットでダイヤモンドネックレスを購入した事があるのですが、ダイヤモンドネックレスをインターネットで購入する事とCDセールスの類似点があることに気がつきました。
どちらにも売れる特徴があるといえます。

ダイヤモンドネックレスは通販で人気

ダイヤモンドネックレスが通販で人気の理由として、まず第一に全国どこでも購入することができるということがあげられるでしょう。
もしも自宅から訪問できるエリアにジュエリーショップがないのであれば、実店舗に足を運ぼうと思ったら時間もお金もかかります。
その点通販であれば実店舗までの距離を気にすることなく購入することが可能です。
スタッフに話しかけられることが苦手な人にとっては、この点についてもありがたい存在と言えます。
同じデザインや同じ石を使って製作していても、通販の場合には人件費や光熱費などの経費を抑えることができます。
似たようなデザインのジュエリーを比較することができ、自分が欲しいデザインのジュエリーを最安値で購入できることにもなるでしょう。
そしてインターネット上では口コミが多数存在しているので、このようなものを参考にすることもできます。
このような数多くのメリットがあることから、ダイヤモンドネックレスは通販で非常に大きな人気をあげています。

「売れる物」は良さが分かりやすくなっている

通販ダイヤモンドネックレスとCDセールスの類似点として、売れる物の良さが分かり易くなっている点が挙げられます。
私が実際にインターネットでダイヤモンドネックレスを購入しようとした際に、お薦めの商品がランキングになって表示されているのを見て、これはCDセールスのランキングにそっくりだと感じたのです。
インターネットの場合には、お薦めの順番や売れている物の順番で項目ごとに商品を検索できるようなシステムと言えます。
CDセールスにも同じことが言え、売れた順番でランキングが示されて、特にお薦めのものに関してはお店がコーナーを設けて紹介しているのもあります。
このように良さが分かりやすくなっています。
人間は不思議なことに、ランキングの上位にあたるものに興味を持ち、自分もそれが欲しいという思いを強く持つようになります。
そのため売れているものはさらに多く人の目に留まり、さらに売れていくようになるということです。


水害車買取は実はとってもロックな仕事

水害車買取は、日本では廃車にするしかないとされる水没車を復活させる仕事です。
水没車のオーナーとそれを求める人を仲介し稼ぐ仕事は、働き場所がない人を活躍できるステージに引き上げる、最高にロックな仕事と言えるのではないでしょうか。
これはミュージシャンにも通じるところがあると思っていて、勝手に共通点を感じています。
日本ではあまり知られていない水害車買取の存在ですが、最高にロックな仕事はもっと日の目を見るべきでしょう。

水害車は捨てるだけじゃない

水害などで水没してしまった車は、日本の中古市場では人気がありません。
事故に遭ってフレームまで損傷した車と同じように、廃車にしてスクラップとして再利用するしかないと思われています。
つまり水害車は水に浸かってしまったという事実があるだけで、ゴミと呼ばれ捨てられるわけです。
しかし海外では、水没車でも普通の車と同じように評価してくれます。
なので一般に流通する中古の日本車と同じように、高値で取引され違いはありません。
現地の人々に買われた中古の水没車は、メンテナンスを受けた後普通の車と同じように使われます。
人や荷物を運ぶのに使われ、第二の人生として海外の人々に愛されるわけです。
もし日本で廃車にされゴミ同然のスクラップにされたら、水没車に第二の人生はなかったでしょう。
車とはいえ第二の人生を与えられる水害車買取の仕事は、だからこそ最高にロックです。
水害車買取はもっとロックな仕事だと多くの人に知ってもらえば、利用する人も増えるのではないでしょうか。

捨てられないような曲を書きたい!

ミュージシャンが創作する楽曲も、多くは使い捨てです。
今ヒットしている楽曲は、大量に消費され時代とともに使われなくなっていきます。
最後はフレーズや曲の一部だけ人々の記憶の片隅に残り、捨てられていくのが運命です。
しかし大量消費され捨てられる楽曲もある一方で、時代を超えて歌い継がれていく曲があるのも事実です。
今から30年や50年前に発表された楽曲でも、多くに日本人に愛され続けています。
ミュージシャンとして仕事をしくなら、捨てられずいつまでも歌い継がれる楽曲を書きたいものです。
具体的に爆発的なヒットをしてそれで終わりではなく、ランキングの上位に入らなくてもじわじわと売れ続けて、多くの人に聴いてもらえる名曲を生み出すことこそ、真のロックと言えるのではないでしょうか。
今はまだ路上で歌うしがないストリートミュージシャンでも、いつか大物プロデューサーの目に留まってメジャーデビューを果たし、世界中の人々に聴いてもらえる曲を歌いたいものです。


大網白里市のダイヤ買取店の駐車場が広い!

大網白里市にはいくつかのダイヤ買取店が存在しています。
貴金属全般の買取に特化したお店もあれば、金券や希少なおもちゃなど色々なアイテムに加えてダイヤも現金化してくれるような店舗、昔ながらの質屋などダイヤの持ち主からすると売れる先が結構な数が存在しています。
そんな大網白里市のダイヤ買取店の中には駐車場が非常に広いお店もあり、大型のバンやトラックでもゆったりとした感覚で停められますのでとても便利なのです。

広い駐車場にビックリ

大網白里市は都心の一等地に比べれば地価や安いとはいえ、大規模な駐車場など大型スーパーやホームセンターくらいにしかありません。
しかし実際にダイヤ買取店が何十台も停められるような広い駐車場を公開しているというのも事実なので、車体の大きな車を所有している方や運転に自信がない方などにとって快適な駐車が出来ると言えるでしょう。
本当に驚くほどの広さなので、10台以上の車が停められますと宣伝していても実際にはかなり狭く人一人通るのがやっとといった車間しかないようなところと同じような駐車スペースを想像する必要はありません。
コインパーキングのような狭苦しさを感じる必要性がまったくないということなのです。
ただ大網白里市でダイヤ買取を実施している店舗の中には1台か2台分の駐車スペースしかないお店や、駅から近いなどの理由でそもそも駐車場がないところもあります。
大網白里市で広い駐車スペースを確保している店舗は一部になっています。

ここで野外ライブもできそう!

どのくらい大網白里市のダイヤ買取店の駐車場が広いのかというと、数百人の集客が叶う野外ライブを開催できるほどには広くなっています。
もちろん実際に野外ライブを開始するためには店舗や周辺住民、警察署などの許可をとらなければいけませんが、その気になればフェスが開ける程度の広さがあるのです。
ソフトブールやフットサルなど少人数で行う団体スポーツ程度なら悠々と行える、レンタルスポーツ場程度の広さがあるものと認識しておいてください。
ここで野外ライブを行えば気持ちがいいだろうなと感じられるくらいの広大な駐車場なので、よっぽど運転が下手でない限り事故を起こす可能性は低いと言えるでしょう。
バックでの駐車も広い空間で余裕を持って済ませられますので、ストレスを感じずにダイヤ買取を終わらせたい方などにおすすめです。
大網白里市全体の駐車場の中でもとくに広々としておりますので、単純に広い駐車場が好きという方もきっと気に入るはずです。


PRホームページ
大網白里市近辺でダイヤ買取店をお探しなら「買取センターGP成東店」へ

腎不全治療中のアーティストの曲が素晴らしい

音楽は人を感動させてくれるものですが、単純に楽曲の良し悪しだけでなくアーティストの背景に心を動かされることもあります。
もちろん、それは楽曲の良さがあってこその話なのですが、最近腎不全で治療をしながらも心に響く歌声を持つ人を見つけたので感動してしまいました。
今の時代だと誰でも情報を世界に発信することができ、それを受信することができるので家にいながらでも思わぬ出会いがあるというのも嬉しいものですよね。

YouTubeで発見!

ミュージシャンを目指す自分としては、同じような境遇にある人は好敵手であると同時に仲間意識が芽生えるものです。
それだけに似たような活動をしている人がいると、気になってしまうものですが、そのアーティストを見つけたのはYouTubeを眺めている時でした。
このような動画サイトには夢に向かって走っている人達の動画が多数挙げられていて、中にはプロ以上と感じられる人もいます。
そのような動画を見て勉強をしたり、自分も頑張らなければという気にさせられています。
いつもと同じ感じで見ていると気になる動画を見つけ、他のアーティストと何が違うのかというと腎不全の治療中だったということです。

腎不全がどのような病気なのかは自分ははっきり分かりませんでしたが、軽い病気ではないことだけはすぐに分かりました。

病気によるハンデもあるようで、それを感じさせる場面も見受けられましたが、それ以上に自分の琴線に触れる何かを感じ取ることができたのです。

心に響く歌声でした

腎不全の治療中のアーティストの歌声は、その背景を知っているからかは分かりませんが、非常に心に響くものであり、魂を込めて歌っていることが感じられました。
動画を見る限りでは本人はそこまで深刻そうにしているわけではないので、大病というのは自分の思い過ごしかも知れませんが、長い間治療をしているようなので決して軽いものでは無いということもわかります。
また、病気である事実を抜きにしても心に響く素晴らしいものであることは変わりなく、このパワーは一体どこからきているのだろうかと思ってしまいました。
病気であることによって上手くいかないもどかしさを歌声に込めているからこそ素晴らしいものになるのか、あるいはこれで病気をしていなければもっと良いものになったのかと思うと、色々考えさせられるものです。
本人はとにかく前向きでプロを目指しているようでしたから、自分もこの人に負けじと心に響く曲を世に送り出したいと思いました。

いすみ市のリサイクルショップでギターや弦を買取してもらいました

使っていた楽器が必要なくなったため、どのように処分すればよいか考えていました。
まだ弾くことができる状態なので、そのまま捨ててしまうのはもったいないです。
そこで、いすみ市のリサイクルショップに持って行ってみることにしました。
リサイクルショップというと、貴金属などを買い取っているような印象だったのですが、実際には思っている以上に対象商品が多いことに驚かされたものです。
楽器についても買い取っているお店でした。

楽器も買取してもらえる!

楽器の買取を行っている店舗は限られていると思っていたため、いすみ市のリサイクルショップで買取に対応しているとは思ってもみませんでした。
使わなくなったギターが何本か家にあったので、とりあえず持って行ってみようと思ったのです。
長く使っていたギターではあるものの、まだ普通に引くことができる良好な状態なので、それなりの金額にはなるだろうと期待していました。
ギターだけでなく、弦についても買取対象となっていることが分かったため、ギターと合わせて弦も持っていくことにしました。
いすみ市のリサイクルショップでは、長年にわたってさまざまな商品の買取を行っているため、査定の流れもしっかりしています。
査定の内容についても十分満足できるものなので、提示された金額に不満を感じることはありませんでした。
自分が期待していた金額よりも高い金額を提示してもらうことができたため、本当に満足することができたのです。
他の店舗と比較する必要がありませんでした。

ギターを売ったお金でスタジオを借りました

必要のなくなったギター・弦を手放したのは、音楽をやることを放棄したからではありません。
音楽に対する関心は依然として強いです。
持っていた全てのギター・弦を処分したわけではないので、もっと練習したいと考えています。
とはいえ自宅では音が気になってしまい、練習に集中することができません。
せっかくいすみ市のリサイクルショップでの買取を利用したので、そこで得られたお金を使ってスタジオを借りることにしました。
専門のスタジオを借りて練習するようにすれば、周囲への配慮をしなくて済むようになります。
しっかりとしたスタジオが借りられるくらいの金額が得られたのは、とても嬉しいことでした。
いすみ市のリサイクルショップは、さまざまな商品の買取に対応している魅力的な店舗なので、これからも積極的に利用していきたいと考えています。
使わなくなった楽器は、ギター以外にもいくつか持っています。
それらもいすみ市のリサイクルショップに持ち込みたいです。


豊胸にまつわる心の動きを歌にしたい

自分が作る曲はどうしても男性目線になってしまいがちなので、女性目線の曲も作って歌いたいと思っています。
とは言え、女性の恋愛感情をテーマにした曲を歌っている男性ミュージシャンはもうすでに大勢いるので、これまでに誰もテーマにしたことがないような曲を作りたいと思い悩んでいたら、すごく良いアイデアが思いつきました。
それは豊胸にまつわる心の動きをテーマにした歌で、多分今まで男性だけではなく女性のミュージシャンも手を出したことがないんじゃないかと思います。

実行までに葛藤もあるはず

自分が豊胸にまつわる心の動きを歌にしたいと思ったきっかけは、ただ今までに聴いたことがなかったからだけではありません。
それを実行に移すまでには、その女性の中で色々な葛藤があるはずなので、そんな心の動きを想像したらすごく大きな興味が湧いて来たんです。
なかなかの金額のお金がかかる上に、痛みや体への負担があるんじゃないかといった不安も感じるであろう豊胸を実行しようとする女性の多くにとって、バストのサイズが小さいことが長い間のコンプレックスだったんでしょう。
ただ、豊胸によってそのコンプレックスを解消しようと思い立っても、実際に美容整形外科を訪ねるまでのは簡単なことではないはずです。
親からもらった体に手を加えることに対して抵抗感があったり、急にバストが大きくなったことに対して周囲が違和感が持つんじゃないかと心配したりといった理由で、やっぱり止めた方が良いかと思うこともあるんだろうと想像出来ます。
そんな迷いを振り切って豊胸を実行する女性の心の動きは、とてもドラマチックなんじゃないでしょうか。

歌にしても伝わらないか…

豊胸を歌のテーマにするなんて、我ながらすごいアイデアを思い付いたもんだとちょっとの間自画自賛していたんですが、よくよく考えてみると心配になってきました。
男である俺がそれを歌にしたところで、聴いた人に言いたいことが上手く伝わらないじゃないか、男のお前にバストの悩みの何が分かるんだよと思われてしまうんじゃないかといったように、何だか不安になって来てしまったんです。
バストが小さいことについての悩みは、男性に置き換えると背が低いみたいなものだろうと勝手にイメージしているのですが、女性に言わせるとそんなもんじゃないと言われるかも知れません。
女性目線の曲を歌う男性ミュージシャンの多くに言えることなんですが、あくまで男性が想像する女性の心をテーマにした曲になって、女性から分かってないと思われてしまう恐れがあるんです。
豊胸を実行するまでには葛藤もあるはずというのも俺の思い込みで、軽い気持ちでやっている人もいるかも知れません。
なので、豊胸についての曲を作るのをあきらめたわけではありませんが、完成させるのは難しいなと思っているのも確かです。